Google アナリティクスが何やら変わっている!Universal Analytics やら インタレスト カテゴリやら

普段 Google Analytics は iPhone のアプリ『Quicklytics』で PV 等を眺める程度で、あまり熱心に分析することはないのですが、ある日 PC の設定画面を眺めていたら、こんな項目が目に入りました。


Google Analytics property

Universal Analytics? なんですかそれ?

◎ Universal Analytics


とりあえず、アップグレードのボタンを押すと、こんな感じ↓だそうで…

Universal Analytics にアップグレード
Universal Analytics は Google アナリティクスの新たな運用基準になります。Universal Analytics にアップグレードしても、現在使用している同じレポートで過去のデータをすべて利用できますが、さらに次のこともできるようになります。
カスタム ディメンション/指標
新しいトラッキング コード
詳細なレポート機能
Google アナリティクスのすべてのプロパティは、Universal Analytics を使用する際に必須のプロパティになる予定です。移行されていないプロパティは、将来、Universal Analytics に自動的に移行されます。


Google Analytics は今後 Universal Analytics に移行され、機能も増えるようです。

1. Universal Analytics に移行


ならば!と『Universal Analytics に移行』のボタンを押してみる。

Upgrade to Universal Analytics

『移行処理に 24~48 時間ほどかかります。』だそうです。
“移行” のボタンを押すとこのような↓注意書きが表示されます。

Universal Analytics notice

自分には関係なさそうなので、えいや!で “移行” ボタンを押します。

2. Universal Analytics トラッキング コードの実装


Universal Analytics implementation

『Universal Analytics への移行には 24~48 時間かかります。移行処理が完了すると、新しいバージョンのトラッキング コードを取得できます。』とのことで、待ちます。作業一時中断。

……

しばしの時間の後、アナリティクスのダッシュボードを見たら、変わっていました。

UniversalAnalytics transition finish

“トラッキング コードを取得” ボタンを押して、次画面に表示されるコードを従来のものと置き換えます。
当ブログの場合は、テーマファイルの header.php とプラグイン WPtouch の設定画面の2箇所を変更します。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXXX-X', 'insideofpapaya.com');
  ga('send', 'pageview');

</script>

さて、移行はこれで OK のはず!
でも、いったいどこが変わってるんだ?
よくわかってません orz

とりあえずトラッキング自体はちゃんと行われているようなので、これで様子をみることにします。

◎ ユーザ属性とインタレストカテゴリ


もうひとつ気がついたことが…。

インタレスト カテゴリー』?? なにそれ?

こういう↓画面が出ます。

GA interest summery

当ブログの場合、訪問数全体の3%ほどしか集計されていないようですが、それにしてもよくわからない…。
説明の画面では、男女比や年齢層についても集計されるようなのですが、上がってきていません。
どうすればいいんだろう…?
そもそもユーザの属性なんてどう取得しているのか…仕掛けもよくわかっていません。

実は私の場合、上記の Universal Analytics とは気づいた順序がこっちの方が先で、最初はこんな↓画面が出ていました。

GA interest category

“有効化” のボタンを押下するとこんな↓画面が出ます。

GA user attr interest category report

画面にある『こちらの手順』に従って既存のトラッキングコードを1行修正するだけなのですが、どうもうまくいかなかったんですよね。

それで、先に Universal Analytics の設定をしたら、こちらのインタレストカテゴリの方もうまく(?)表示されるようになっていました。Universal Analytics のコードでインタレストカテゴリにも対応しているっていうことなんですかね。

◎ まとめ


Universal Analytics、インタレストカテゴリ共に現時点ではイマイチ煮え切らない感じですが、Google が将来的にこの方向で行くということのようですので、今のうちに対応しておいて特に損はないのかな、と思うことにします。

また、『ユーザ属性とインタレストカテゴリ』の方はよくわかっていないので、ご存知の方は情報いただけると嬉しいです!

では今回はこのへんで。

※ 11.19.2013 追記
Analytics の画面で “ユーザの分布” を見ると、下図のようなユーザ属性が見られるようになっていました。

Analytics user attr

でもやっぱり訪問数全体の3%のサマリーって…。なかなかデータ採れないのかな。

【ご参考】




1件の返信

Leave your comment

papaya

This is blog what is the inside of Papaya. Hum... nobody wants that, neither do I, maybe. I think with or without my empty brain and sometimes write down here.