ジーニアスバーで iPhone 5 交換してもらってきたお!@Apple Store Ginza

2ヶ月ほど前からどうも調子の悪かった私の iPhone 5。
どういう症状かというと、
バッテリーの残表示が20~30%なのに突然シャットダウンする
というものでした。

こういった現象が iOS 6 の時から 7 になっても続き、1週間に1回程度起こるようになってきたので、これは早速修理に出さねば!(いや、交換か?)と思い、アップルストア銀座のジーニアスバーを予約しました。今の iPhone を購入したのが去年の11月なので今なら無償で対応してくれる、ということももちろんありました。

AppleStoreGinza

ちょっと早めに着いたので、新しい iPhone 5s やら 5c やらいろいろ見つつ、予約した時間の5分前にエレベーターで4Fへ。
エレベーターを降りると、日曜日だったこともあってフロアは人だらけ。
“これは時間かかるな” と思う間もなくスタッフがチェックインをしてくれます。
どっかのように「ちょっと早いのでそこで少し待ってください」とも言われず。

チェックインから2-3分待つと、違うスタッフに呼ばれ、症状についてあーでこーでと説明。
さらに2-3分経って、カウンターに呼ばれました。
そこでまたあーでこーでと説明。
その後、iPhone 本体のシステム的な初期診断をしてくれました。
結果は「バッテリーには問題なし」。
“あー、これで帰されるのかな…?” と思っていたのですが、スタッフの判断は…
基板に何か問題があるのかもしれませんね。交換しましょう」!
“さすがや…”
「バックアップとってますか?」
“はい”
「じゃあこれが新しいのです。iOS が 6 なのでバックアップから戻すとき最初に 7 に上げる必要がありますけど。」
“はい”
「また何かあったらこちらまで」と名刺を渡され、無事終了。
この間、10分程度。
イケメンすぎ。
アップルすごい。
まさにジーニアスなバー!
だって簡易診断では問題なしって出てるのに、客の言葉信じて新品と交換してくれるんですよ!
ネ申!

実は iPhone 4 の時も買って1年経つ間際にホームボタンの効きが悪くなって、同じジーニアスバーで本体を交換してもらったのですが、その時と同じように感じた気持ちの良さっていったら、あまり他では味わえないんじゃないかと思います。
普通だったら「ちょっと様子見ましょうか」とか「そういう事例は他にないので今は対応できませんね」とか言われてもしょうがないなと思うところですが…、違います。
アップルはこれも品質であり UX であると考えているんでしょうね。
クレームさえホントに気持ちのいい体験なんです。
こうして信者になっていくんですねー。

相変わらず『あっぱれ!』でした。

以上です。

genius-bar



1件の返信

  1. 2014/01/19

    […] ジーニアスバーで iPhone 5 交換してもらってきたお!@Apple Store Ginza […]

Leave your comment

papaya

This is blog what is the inside of Papaya. Hum... nobody wants that, neither do I, maybe. I think with or without my empty brain and sometimes write down here.