Google AdSense の広告コードに『非同期型』が追加されていた!

いつの頃からかはわからないのですが、このサイトの Google AdSense の広告が一部表示されていないことに気が付きました。
正確に言うと、3つ広告を表示させていたうちの1つが欠落していたのです。
その3つでコードを比較したのですが、特に違いは見られない。

不思議に思ったので AdSense のダッシュボードに行って元のコードから確認してやろうと思って見てみると…

Google AdSense code generator

あれ、なにこれ!?
見覚えのあるコードと違う!
コードタイプ』ってなに?
同期』『非同期』ってなに?
自分が知らないだけ?

『非同期型』の広告コードの説明がありました。

非同期広告コードとは、完全非同期バージョンの AdSense 用広告コードのことで、ウェブページの読み込み時間を改善し、サイトを訪れたユーザーの利便性を高めます。非同期コードには、ウェブページの他の部分の読み込みを妨げないというメリットがあるため、広告の読み込みに問題があるページでも、コンテンツの読み込みは問題なくできるようになります。モバイル ユーザーの場合は特に、ウェブページの読み込み時間の短縮を実感できるでしょう。

   ※ 原文はこちら

以前、Google Analytics のコードを非同期型にしたことがあるのですが、そのタイミングで AdSense も更新されていたのかな~?

コードの中身の事はよくわかってないのですが、結果的に新しい『非同期型』のコードを使用することで、AdSense 広告が正常に表示されるようになりました。

なんかこれが原因じゃない気もしなくもないけど…。

【おまけ 1】
新しい広告ユニットを作るときに、広告サイズとして『レスポンシブ用の広告ユニット』(ベータ版)というのが選択できるようになっていました。そんな遠くない日に使うことになるかも…。

【おまけ 2】
私は AdSense の収益を確認するためにこんな iPhone のアプリを使っています。
特に beAdSense は見栄えもよく機能的なのでお気に入りです。開発元のサポートもすばらしい!




Leave your comment

papaya

This is blog what is the inside of Papaya. Hum... nobody wants that, neither do I, maybe. I think with or without my empty brain and sometimes write down here.