WordPress の CDN 化 (CloudFlare 入れてみた…い)→どんでん返しあり

gtmetrix でサイトのパフォーマンス測ってると、
YSLOW の項目で “Use a Content Delivery Network(CDN)” っていうのがあって、前から気にはなっていたんだけど、今回 CDN に対応することにしました。
ちなみに環境はレンタルサーバ(XSERVER X10 プラン)。

gtmetrix YSLOW の項目

gtmetrix YSLOW の項目



ネットで探していると、CloudFlare っていうのが、無料だし、評判も良さそう。
これに乗っかることにしました。
参考にしたのは、こちら(ありがとうございます)。

まず、CloudFlare のホーム画面からユーザ登録。
するとウェブサイトの登録画面が表示されます。

CloudFlare のウェブサイト登録画面

CloudFlare のウェブサイト登録画面



なにやらスキャンをし始め、少し待たされます。少し。

CloudFlare レコード構成

CloudFlare レコード構成



すると、DNS の構成を確認しなさいってくる。

CloudFlare DNSの確認

CloudFlare DNSの確認



この画面の下に「私はすべての不明のレコードを追加した、継続」っていう変な日本語のボタンがあるから、クリック。

次は初期設定だそうです。

CloudFlare 初期設定

CloudFlare 初期設定



当然 “無料プランじゃあ” って思ったら、あれれ、「おたくは SSL だからフリープランはだめよ」だって。

CloudFlare のアラート

CloudFlare のアラート



トホホ。

えー、ここまでやってだめなの~?
別プランにして、月 $20 も払う気ないし。
どこかで「レンタルサーバはだめ」って書いてたけど、そういうこと?(XSERVER です)
ちゃんと読んでおくんだった…。

すみませんでした。
出直します。


Leave your comment

papaya

This is blog what is the inside of Papaya. Hum... nobody wants that, neither do I, maybe. I think with or without my empty brain and sometimes write down here.