WordPress ホスティングサーバ移行の概要

先日、Amazon EC2(micro instance) から XSERVER(X10 plan) へサーバの移行をしました。
今日はその時の内容について書きたいと思います。
って言ってもかなり情けないやり方なので、あまり参考にならないかもしれません orz



この手の移行方法はネットでいろいろ紹介されていますが、今回自分にはどの方法も合いませんでした。
合わないってのは、それらの方法では完璧に移行されなかったということです。

簡単に言うと、

  1. 移行元の MySQL から DB を吸い上げて、移行先に吐く
  2. 移行元の WordPress インストールディレクトリを吸い上げて、移行先に吐く
なのですが、1.はともかく、2.をやると画面が乱れるとか、とにかくへんちくりんになってしまったんですね。
もしかしたら、bitnami の構成があまり汎用的ではなかったのかもしれません。
それで、結局…全部最初から手でやりましたよ!
はぁ…。

手順はこんな感じになります。
  1. phpMyAdmin を使って移行元の DB をエクスポート。
  2. できた SQL ファイルをエディタで開き、旧ドメインで書かれている部分を新ドメインに書き直す(一括変換)。
  3. XSERVER 上で WordPress を(クイック)インストールする。DB も新規作成しサラの状態。
  4. WordPress をインストールしたディレクトリ下の wp-config.php を新環境に合うよう修正。
  5. 2.で作っておいた SQL ファイルをサラの DB にインポート。
  6. パーマリンクの張り直し。
  7. 必要なテーマやプラグインを全て一からインストールする。
実際には、ドメイン移行の期間があったので、一度 XSERVER 下のドメインでこれらの作業をしておいて
(上記2. 6. はそのため)、ドメインが正式に移行されたら、そちらにコピーするという作業もしています。
ちなみにドメインは自分の場合、easyDNS で管理していたので、それを XSERVER の管理下に入れました。
(ドメイン移行の申請をして、移行完了するまで1週間程度)

easyDNS

というわけで、今ご覧いただいているページが立ち上がったわけです。
プラグインを一から入れるとかひどいっすよね。50個ぐらいありましたもん。
でも、当たり前だけどこれが一番確実な方法だと思います。

なんかまた情けなくなってきたので、これに撤収…。


Leave your comment

papaya

This is blog what is the inside of Papaya. Hum... nobody wants that, neither do I, maybe. I think with or without my empty brain and sometimes write down here.